MENU

キーワード集

キャッシングの言葉ってわかりにくいですよね?

 

難しい言い方ばかりでちんぷんかんぷん・・・

 

たしかに即日でキャッシングを焦っているとあまり気にならないかもしれませんが、

 

費用を借りるときに正邪念頭においてほしいキャッシング言葉を集めてみたので

 

何かの参考になれば幸いです。

 

題して、キャッシング博士の財政言葉クラス、始まるよー!

 

 

 

ようこそ、全国の貧苦日本人の諸君!

 

キーワード集
こんにちは。

 

わしはキャッシング博士、キャッシング歴30時の廃人じゃ。

 

街角の軒並みからは金融機関の手下と嫌われてあるよ。

 

キャッシング言葉はパブリック生活を送るうえでは全くなじみが薄い

 

(まあほとんどの諸君は費用欲しさに全く気にしていないがな。)
じゃから難解な財政言葉を、こういうキャッシング博士がわかりやすく解説してゆくぞ

 

では、マネーと、欲求と、キャッシングの環境へ、レッツゴー!

 

では記念すべき第第一歩は、、、異動サマリーじゃ!

では早速いってみようか!

 

こういう異動サマリーとは、簡単に説明すると、ズバリブラックリストじゃ!

 

異動サマリーの作りは
遅延や借入不履行になった人のサマリーが記録されてある。
しかもこういうサマリーは金融機関はもれなくチェックしているんじゃ。
じゃから出向く場合窓口で過去の滞納なんかをごまかしても、一部始終オミトオシというわけじゃな!

 

これをチャラにする戦略はあるにはあるんじゃが、
滞納マネーを支払ったうえで、さらに5時たたなければならないという、とても恐ろしい物質なんじゃなあ。

 

軒並みもくれぐれも返納日には気を付けてキャッシング講じるんじゃぞー。

 

ではここで一句。

 

審査落ち 過去の滞納 思い起こす

 

軒並みも 即日 金じゃぞー。

 

 

 

近頃日のポケットは、そうじゃな、リボルビング様式じゃ!

リボルビング様式とは、クレジットカードを持っている諸君はご存知じゃな?

 

通常の割賦とは違って、どれだけおっきい商品を買っても、月々の返済額は規定に罹るという様式なんじゃ。

 

じゃから、たとえば50万円のアラームを月額5000円のリボ支払いで購入して、そのあとにまた30万円の積み荷を買っても、月に5000円しか払わなくても良しという要因なんじゃ。

 

じゃがこういうリボ支払いには盲点があって、あんな無茶な借り入れを始めるうちに雪だるま式に貸出が膨らんでゆくと、

 

永久に費用を払い積み重ねるはめになるんじゃ

 

もちろん利息というものがなるから、最終的に支払う費用は途方もない金額になっていることも多いんじゃ!

 

こんなの支払うぐらいなら、キャッシングしたほうがましじゃな

 

ここで一句 リボ払い 10時過ぎても リボ払い

 

軒並みも即日 金じゃぞー!

 

今回のポケットは、ランダムアレンジじゃ!

ランダムアレンジとは、法的な進め方で破産するのではなく、

 

金融機関とのコンベンションで貸出の決断をすることじゃ。

 

たとえば500万の貸出があって、どうしても返納が困難になったユーザーが、
仕事場と交渉して、資金のみの割賦で妥協してもらうというような感じじゃ!

 

もちろんワシ場合のような初心者のツイートなんか聞いてはくれんから、そこはCMでやってあるような法令オフィスにお願いする要因なんじゃが、

 

奴らも有志でやっているわけではないからのう。

 

もちろんそれ相応の費用を支払うんじゃ。

 

貸出を払い終えた次でも、今度は弁護士に費用を払い積み重ねるんじゃな!

 

もちろんいつの仕事場ももう二度と費用を貸してくれんじゃろうしな!

 

ではここで一句 弁護士に 支払う費用の 貸し付け組む

 

軒並みも即日金じゃぞー!